« 水を飲みましょう | メイン | 薬剤師に家柄は関係ない »

必死で考える薬剤師のこと

必死に考えることの精神的な意義というものを真剣に考えてみる必要があるのだということが言えるのだとも思うのである。精神科の薬剤師の話はここをみてみてほしい。そうやってそこから考えることができるというのであれば、それができるということになれば、もっと素晴らしいことになるのはまた当然だとも言えるのだとも思うのである。それが僕にとって好ましいことになるのは当然のことであって、それができるということになれば、薬剤師としてのまた価値も上がると考えてもいいのだとも思うのである。そうやってそこから生まれてくるものに対しては、決定的なものの本質的なものの正体に対しても、僕らがしっかりと考える必要があるということもしっかりと見つめるべきなのだということを知るということの大切さをただただ知って行くべきなのだということになってくるのだとも思うのである。それができるということに間すれば、ものの欲というものをどの程度持てばいいのか、それがどのようにつながってくるのかということを知ることに繋がってくるのだとも思うのである。それが僕らの今、考えていることになってくるとも思うのである。 だから、僕はそれに対しても、そのことをしっかりと考えることしかできないとも思えているのである。それが結局のところ、最も大事なことになるのだとも思うのであるけれども。それがわかるかどうかは、まだまだだれにもわからないのである。 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.teamnagel.com/mt3/mt-tb.cgi/47

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年01月19日 17:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「水を飲みましょう」です。

次の投稿は「薬剤師に家柄は関係ない」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38