« 2016年12月 | メイン | 2017年02月 »

2017年01月 アーカイブ

2017年01月02日

水を飲みましょう

新年あけましておめでとうございます。
2017年もよろしくお願いいたします。

皆さんはお水を1日にどのくらい飲みますか?
聞き方を変えると、1日にどのくらい飲めますか?

実は、自分はお水があまり飲めません。ただのお水ですね。
買ってきた「オイシイ」とされるお水ですら飲めない。

普段から私達が常にお世話になっているといても過言では水ですが、
日頃どういったことに使用しているでしょうか?

食器を洗ったりもするでしょうし、お風呂に使ったりもするでしょうし、
料理に使うことだってあります。
色々な場面で大活躍してくれるのが水ですね。

でも「飲む」となると・・・。

でも、身体にとってはお茶などよりも水が良いんですって(分かってるけどね)。
かといってコーラや甘いジュースは飲まないので、
そこはいいかもしれません。

でも水が飲めなくて困っていますよ。
水を飲め、って言われますので、他のものを飲まないようになり、
そうるすと脱水状態みたいになる、

だからビールとか飲んでしまうんです、なにもならないですよねー。

お水がもっと飲めるようになりたいです。

2017年01月19日

必死で考える薬剤師のこと

必死に考えることの精神的な意義というものを真剣に考えてみる必要があるのだということが言えるのだとも思うのである。精神科の薬剤師の話はここをみてみてほしい。そうやってそこから考えることができるというのであれば、それができるということになれば、もっと素晴らしいことになるのはまた当然だとも言えるのだとも思うのである。それが僕にとって好ましいことになるのは当然のことであって、それができるということになれば、薬剤師としてのまた価値も上がると考えてもいいのだとも思うのである。そうやってそこから生まれてくるものに対しては、決定的なものの本質的なものの正体に対しても、僕らがしっかりと考える必要があるということもしっかりと見つめるべきなのだということを知るということの大切さをただただ知って行くべきなのだということになってくるのだとも思うのである。それができるということに間すれば、ものの欲というものをどの程度持てばいいのか、それがどのようにつながってくるのかということを知ることに繋がってくるのだとも思うのである。それが僕らの今、考えていることになってくるとも思うのである。 だから、僕はそれに対しても、そのことをしっかりと考えることしかできないとも思えているのである。それが結局のところ、最も大事なことになるのだとも思うのであるけれども。それがわかるかどうかは、まだまだだれにもわからないのである。 

2017年01月23日

薬剤師に家柄は関係ない

私の父は薬剤師をしています。
そして店をもっています。以前は転職時の志望動機をよく聞かせてもらったものです。
優秀な兄がいるのですが、兄は父とは違った職業につくようです。
またそれが父にとっては怒りの種になっているようなのです。
医療関係の仕事につきたくないのは、私も同じでした。
とくに薬剤師などにはなりたいとは思いません。
それは父の過去のあまりにも辛い感じで話を聞いていたからでしょうね。
薬学科のこと、国家試験に落ちてしまったこと。
まあ、こうして無事に薬剤師になれているのですから父も努力はしてきているのだと思いますが、私には無理です。
薬剤師として自分の店で、仕事をしている父は立派だと感じますが、私の連れてくる彼氏が医療関係ではないと知ると、すごい剣幕で追い返してしまうのです。
それがとても嫌で悲しいことなのです。
交際しているからと言って結婚まで考えているわけでもないですよね。
それに例え私が医療関係の相手を好きになっても、婿にはとりません。
兄が家を出て行くのは勝手ですが、私にも私の人生があるのですから。
父がどうしても自分の後をついでくれる薬剤師をもちたという気もちは分かりますが、それを子供の私に押し付けないでほしいと思います。

About 2017年01月

2017年01月にブログ「看護rooを使って理想の職場を探す!看護師転職活動日記!」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38