« 理想の職場探し | メイン | 終わらない転職活動 »

編集スタッフに応募した時の話

私は昔から編集者として働きたいと思っていました。
昔、とあるフリーペーパーで編集外注スタッフを募集しているのを見つけて、応募したことがあります。
直接話を聞きに行きましたら、定期的にお仕事がある保証はなく、発生したら都度相談するという事。キモチ程度ではあるけれども謝礼もいただけるとの事でした。
その時私はフルタイムでアルバイトをしていて普通に収入があったので、その外注スタッフの収入はあてにしていませんでした。
ですので、掛け持ちで仕事をしようと決めたのです。
出版業界に携われるならこんな嬉しいことはない、いい経験になると考えました。
その後、不定期ではありますがお仕事をもらうことができました。そのお仕事のために徹夜をしたこともあります。
これが何かにつながればと思い、頑張ることができたのです。
1年近くお仕事をしたあとでしょうか。もしよければ正式なスタッフにならないかという話をいただきました。
でも。気正式なスタッフといってもそれはアルバイトでした。その当時していたアルバイトよりも収入は激減します。
そして編集の仕事というのは大変な激務で、徹夜が日常茶飯事の世界です。
今よりはるかに忙しくなる、更に収入は減ってしまう。
そして気になったのは、「キモチ程度の謝礼」を1度もいただいたことがなかったのです。お仕事はすべて口約束で契約書などもかわしていませんでしたし、何より私自身が、自分の経験になるならそれで良いと思ったので、ずっとやっていました。
でも、正式スタッフとして働いても大丈夫なのか?と不安になってしまったのです。

丁度その後結婚することになり、引越しが決まったので、その話はお断りすることになりました。
引越しといってもそう遠い場所ではなかったのですが、大変忙しく不規則な仕事ですので、歩きか自転車で通える範囲内でなければ働くことができなかったのです。電車があるうちに帰ることができない仕事ですからね。

ふと思い出してその会社名を調べてみたら、もう存在しませんでした。
そのフリーペーパーも無くなってしまったようです。

その後、妊娠中にデザインの勉強をして、今は在宅でデザインの仕事をしています。子どもが大きくなったら、バイトや派遣でも良いのでまた外で働きたいなぁと思っています。
編集者という仕事にはまだ未練がありますが、、、仕事と家庭の両立が難しい仕事ですからね。バランスって大事だなぁと思います。

編集職の求人は転職エージェントで探そう

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.teamnagel.com/mt3/mt-tb.cgi/32

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2014年10月02日 17:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「理想の職場探し」です。

次の投稿は「終わらない転職活動」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38